国内格安航空券を購入するには

キャンセル料に注意

国内で格安航空券を手に入れるポイント宿と航空券のセットを利用する手段もキャンセル料に注意

一方で1月、2月や6月、11月といった時期は利用者が少なくなるので航空券は下がります。
需要が多い時期では事前予約でもかなり前に予約をしなければ航空券を手に入れることが難しいですし旅行会社でも金券ショップでも手に入れることが難しくなります。
また格安航空券の選択肢としてはLCCを利用する方法もあります。
LCCは格安航空会社のことでもともとの料金が低く設定されている航空会社です。
ただし、そのぶんサービスは通常の航空会社と比べて低いため快適性を求めるといったことは期待できませんし、人気路線はやはり航空券を取りにくく、当日に空きがあるとは限りませんから、事前予約をする必要があります。
国内の場合には搭乗時間が長くないので移動時間と料金を考えるとLCCは選択肢としては十分です。
いずれの方法にしても注意しなければいけないのが事前予約であるため、搭乗をキャンセルしたさいにはキャンセル料が必要になるということです。
キャンセルのタイミングによりますが、前日であれば半額程度は必要になりますし当日では全額ということも有りえます。
このためキャンセルが決定した場合にははやめにキャンセルの手続きをすることが余計なキャンセル料を支払わずに済みます。
また事前にキャンセル料の設定も見ておく必要があります。